配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANは全国対応でお問い合わせ・ご相談は無料で行っています。
配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPAN HOME » 入管国際行政書士の入管代理申請手続 » 結婚ビザ不許可時サポート

結婚ビザ不許可時サポート

結婚ビザ・配偶者ビザの不許可時には、不許可・不交付理由の詳細な分析を行うことが必要です。

【分析のポイント】

  • 不許可・不交付理由の正確な把握
  • 入管法令の正確な理解
  • 入管実務の経験(運用の理解)
最も重要であるのは、不許可・不交付理由の正確な把握です。しかし、入管実務では、一般論としての「収入不足」「コミュニケーション不足」などの説明ばかりで、なかなか個別具体的な事案での不許可・不交付理由の正確な把握ができません。そのため、担当官から不許可・不交付理由を的確に聞き出し、正確に把握するためには、入管法令の正確な理解や入管実務の経験が必要になります。

【持参するもの】

  • 申請番号が付された書類(申請受理票など)
  • 身分証明書(パスポート・外国人登録証明書)
  • 代理人たる資格を証明するもの
  • 申請書類のコピー

結婚ビザ・配偶者ビザサービス関連ページ