配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANは全国対応でお問い合わせ・ご相談は無料で行っています。
配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPAN HOME » 国際結婚手続き » 不法滞在の外国人が日本人と結婚して暮らしたい

不法滞在の外国人が日本人と結婚して暮らしたい

不法滞在者であっても結婚はできます。
国際結婚はただでさえ各種手続きが煩雑な面がありますが、そのなかでも特に複雑なのが不法滞在のパートナーとの結婚です。
不法滞在は法律違反ですが、不法滞在者をパートナーとして選ぶことに問題はありません。

<日本で結婚手続をする場合の一般的な必要書類>

  • 婚姻届
  • 日本人の戸籍謄本
  • 婚姻要件具備証明書
  • パスポート
  • 出生証明書
婚姻要件具備証明書は、現在独身で、かつ、その国の法律で結婚する条件を満たしていることを証明するものです。
未再婚声明書(中国)、独身証明書(タイ)、戸籍謄本(台湾)、無結婚証明書(フィリピン)等は各政府機関で発行・認証してもらいます。
日本で婚姻生活を継続するには、在留許可を得なくてはなりません。結婚後、在留特別許可手続きの準備をして、入管に出頭・手続申請をします。
入国管理局で法務大臣より在留のための特別の許可を得れば、在留資格「日本人の配偶者等」が許可されます。

不法滞在の外国人が日本人と結婚後行う在留特別許可申請

在留特別許可を得るのに必要な書類はケースバイケースであり、慎重な判断を要します。以下に必要書類の一例を記します。

【必要書類】
1.陳述書
2.身分を証明するもの

  • 旅券
  • 外国人登録証明書(在留カード)
  • 身分証明書・運転免許証等
3.婚姻を証明するもの
  • 戸籍謄本
  • 婚姻届出受理証明書
  • 婚姻届記載事項証明書
4.生活状況を証明するもの
  • 配偶者の住民票
  • 本人の外国人登録原票記載事項証明書
  • 配偶者の在職証明書
  • 居住地の登記簿謄本・賃貸借契約書の写し
  • 最寄り駅から自宅までの経路図
  • 直近一年間の収入が分かるもの(源泉徴収票、所得証明書、確定申告書等)
  • 配偶者の履歴書
  • 母子健康手帳
  • スナップ写真
  • 年金、生活保護等の受給証明書類
  • 在学証明書、成績証明書
  • 預金通帳
  • その他
不法滞在の外国人が日本人と結婚後行う在留特別許可申請は特に複雑な手続きを必要とします。
お困りの方は一度当事務所配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANまでお問い合わせ下さい。

国際結婚の基礎知識関連ページ