配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANは全国対応でお問い合わせ・ご相談は無料で行っています。
配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPAN HOME » 国際結婚手続き » リーガライゼーション

リーガライゼーション(legalization)

リーガライゼーション(legalization)とは、日本で発行・作成された文書を外国で使用する場合に、事前処理として求められている手続きです。
翻訳の公証、外務省(Ministry of Foreign Affairs of Japan)による公印確認、在日領事の領事認証などを言います。

公印確認は、個人の出生、海外での結婚、留学、永住権取得、法人の会社設立、海外への赴任などに際して、外国の関係機関に対し、卒業証明書、婚姻要件具備証明書、戸籍謄(抄)本、登記簿謄本及び健康診断書等日本の公文書を提出する必要が生じ、外国での手続のために提出先から日本の外務省の認証を取得するよう要求された場合に必要となるものをいいます。 外務省による公印確認は、その後、在日の当該国領事による領事認証が必要となります。

配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANでは、外国での各種手続において、外務省の公印確認が必要となった方のために、公印確認の国内代理申請・受領を行っています。
外務省では、海外からの郵送申請・海外への郵送発送は受け付けていません。海外に滞在されている方で、外務省の証明が必要な方は国内代理人を通じて申請する必要があります。
配偶者ビザ・結婚ビザ申請JAPANは、海外経験が豊富で外務省によるアポスティーユ、翻訳案件、リーガライゼーションを得意にしています。
緊急に確実に取得したい、証明書の取得方法がよくわからない等の場合は是非ご利用下さい。

国際結婚の基礎知識関連ページ